大滝楽舎開校;羽茂・大崎

昨年閉校になった大滝小学校に、再び命を吹き込んだ人たちがいます。

Iターン・Uターンの人達に、地元の人たちの協力が加わり、大滝楽舎の開校となりました。

この大滝楽舎は、今後、Iターン・Uターンを希望する人達を受け入れる相談拠点となるのだそうだ。

協力して下さる多くの方々が集まって、開校を祝いました。

ジョニさんは画家であり

羽茂の行事や風景を描いて

佐渡の伝統芸能に造詣が深い

開校を祝って

生命力あふれる野の花

孤蓬遠州流の貴重な資料

裂き織り

表現 色々これも裂き織り

仙人の棲む山のもの

竹の皮を使った工芸品

さとみワールド

佐渡のソウルフード

出戸さんのポン菓子

その他に、写真や民芸品の展示など、ゆっくり見ていただきたい貴重な資料がいっぱいです。

手作りのパン、お菓子などもたくさん用意され、開校を祝いました。

校庭では、お好み焼き・もつ焼き・生ビール・かき氷・ポン菓子などの、楽しいお店が店開き。

IターンやUターンの先輩方が手伝って、ご接待。

そして、毎度おなじみ柿餅本舗は、「佐渡の柿餅:搗き立て」を皆さんに召し上がっていただきました。

夜には、楽舎に音楽の仲間が集まる予定。

開校一日目の時間割は盛りだくさん。無事スタートしました。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!