古代餅 黒米の朝紫

新しい原材料や素材に出合うと、新しい製品が生まれます。

最近とてもうれしい出合いがありました。

佐渡、いつくの郷さんの自然栽培の黒米、朝紫との出合いです。

 

朝紫 玄米入り おこわ

 

炊いてみると、魅力的な色合いのおこわができあがりました(^_^)v

玄米の食感がふつふつとして、甘さと香りを感じます。

 

以前に蕎麦の会などで、古代米入りのおむすびをいただいたことがありますが、

まだまだ、佐渡では生産する農家さんの少ない珍しい黒米、朝紫。

 

古代米 朝紫

 

そこで、柿餅本舗は、さっそくお餅を搗いてみました。

 

黒米と、もち米との配合を変えるなど、何度か試した結果、

なんとなんと、深紫のとても格式の高いお餅ができ上がりました。

紫色は、古より、格の高いものが纏う絹の色。

 

抗酸化作用があるポリフェノールたっぷり、

玄米のほんの少しの苦みや、ほのかな甘さが入り混じった

とても気持ちの良い食感のお餅になりました。

 

いつくの郷産 朝紫

 

いつくの郷さんの黒米は、自然栽培で美味しく育てられた朝紫で、

ここに、<古代餅>が誕生しました(^O^)

 

この黒米、朝紫は、もともと新潟県が作った新しいお米のようですが

とても、貴重なお米です。

 

古代米について調べてみますと、カルシウムや鉄分、ビタミン類も豊富とか。

白米に少量ずつ混ぜて炊くと、もちもちとした食感と色鮮やかなご飯を楽しめます。

 

これからは新しいお餅、<古代餅>を大勢の方に知っていただけるよう、

しなしな、頑張ろうと思っています。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!