しままるしぇ 

パンレストランとして人気の “ しまふうみ ” さんの敷地の一角で、

「しままるしぇ」と言う名の小さな<市場>を開いて、この8月で4年目を迎えました。

 

しまふうみ さるすべり 芝生 青い空 

しまふうみ と しままるしぇ
さるすべり 芝生 青い空

 

営業日は、土曜、日曜の2日間。

佐渡の柿餅本舗のお餅やおかき、春ちゃん工房の古布をメインに、

吉則画伯の絵とことば、ガリモさんの作品、三島明香さんの割烹着を紹介しております。

佐渡のガラス作家である佐々木玲子さんも、作品を提供して下さることになりました。

 

玲游舎硝子堂 佐々木玲子さん

玲游舎硝子堂 佐々木玲子さん

 

佐々木玲子さん ペンダント

佐々木玲子さんの ペンダント

 

佐渡の裂織りを守り、多くの作家を育ててこられた、

佐渡国赤泊 綾の会外山の加藤 幸子さんの作品。

裂き織り リュック

裂き織り リュック

 

裂織りは、古い木綿を利用しコヨリのように織り込んだもの。

その昔は、荒仕事をする人たちの仕事着でした。

負荷の背中当てに、或いは雨具の代わりにもなり、大変便利だったそうです。

裂織りの良さは見栄えでなく、実用的で使いやすく丈夫なこと。

ひとつ一つが、心を込めて織られています。

コースター ランチョンマット タペストリー 手提げバックなど

今では、糸の組み合わせやデザインがおしゃれで、豊富です(^_^)v

 

古布を大胆にリメイクした洋服も、揃っています。

ベスト

ベスト

 

麻の生地で

麻の生地で

 

コーディネート

布の組み合わせを楽しむ

 

ちくちく刺し子 法被 

ちくちく刺し子 法被

パンツ

はっぴで自由に パンツ

 

絹 チュニック スーツ

絹 チュニック スーツ

 

吉則画伯の、やさしい絵と言葉

コスモス 赤とんぼ

コスモス 赤とんぼ

 

ガラスの光で‥‥m(__)m

あけび

あけび

 

短冊に

短冊

 

絵 と ことば

絵 と ことば

 

あじさい

あじさい

 

どくだみ

どくだみ

 

北前船の頃の蕎麦ちょこ、ぐい飲みなどの小さな器

ぐい呑み

ぐい呑み

 

お祝いの席などで、お赤飯などを盛りつけたお椀だそうです。

飯椀

飯 椀

 

生活を楽しく、食を豊かにと願って。 三島明香さんの割烹着。

明香さんの割烹着

割烹着

 

割烹着

割烹着

 

ガリモさんの手作り作品

かすり 

かすり

 

佐渡の柿餅本舗の新製品、えごまのかき餅。

香りと堅めの歯応えが魅力です。

えごまのかき餅

えごま の かき餅

 

コシヒカリの玄米を三時間焙じた、黒焼き玄米茶。

玄米茶

黒焼き玄米茶

 

柿の若葉を蒸し、乾燥した柿の葉茶。

柿茶

柿の葉茶

 

どちらもカフェインを含んでいない、お茶です。

就寝前でも、子供さんや妊婦さんも、安心して水分補給していただけます。

柿の葉茶

柿の葉茶

 

柿餅

佐渡の柿もち

 

柿もち

柿のかき餅

 

佐渡には、おいしいものを提供するお店が、たくさんあります。

素敵な景観を楽しむ所も、たくさんあります。

この、しまふうみさんの一角は、その二つを同時に楽しむことができるお店です。

 

子供たちが庭で遊べ、ママ会、家族が集い憩う場所として、

あらゆる年齢層の女子会など、気楽に楽しめ、いつも賑わっています。

 

しままるしぇでは、さらにもうひと味、

「ゆっくりとおしゃべりを楽しむことができるところ」を加えて、

地元の人達のほか、観光に来られたお客さまにも、喜んでいただいております。

佐渡みかん への2件のコメント

  • 愛  2017年11月16日 at 4:13 PM  

    はじめまして。先月の三連休にしままるしぇに立ち寄った際に玄米茶を購入しました。
    美味しかったので、是非また買いたいのですが、どこで購入できますか。
    連絡いただければ幸いです。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

    • 柿餅本舗  2017年11月19日 at 6:52 AM  

      しままるしぇへのご来店と、コメントありがとうございます。気が付くのが遅くなり、大変失礼いたしました。玄米茶は、しままるしぇだけしか販売しておりません。申し訳ありませんが、ご住所などお教えいただき宅配便で送らせていただきますが、いかがでしょうか?詳細は、HPからメールまたはお電話などでお知らせいただければ、と思います。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!